アカヲ美術印刷 株式会社

CTPシステム
サーマルプレートレコーダー


PTR-8000


■ PTR-8000 の主な仕様
出力方式 外面円筒型出力
使用プレートタイプ 大日本スクリーン サーマルプレートLH-PI (ポジ)/LH-NI (ネガ)
刷版サイズ 最大1160 × 940 mm 最小 650 × 550 mm
刷版厚み 0.2〜0.3 mm
最大出力サイズ 1160 × 900 mm(クランプ代上下各15mm必要)
刷版巻付け方向 横方向
露光光源 32チャンネルレーザーダイオード(IR830nm)
解像度 1200, 2000, 2400, 2438,2540, 4000dpi
露光方式 スパイラル露光
露光スピード 最大12版 / 時(菊全/2438dpi )
RIPインターフェース 専用インターフェース使用
刷版搬送 標準:マニュアル(手差し)
パンチ仕様 オプション : スクリーン、ハイデルバッハ、プロトコル、コモリなど
外形寸法 本体:2,400(幅)×1,260(奥行)×1,260(高さ)mm
バキュームユニット: 710(幅)×693(奥行)×549(高さ)mm
重量 本体: 約1000kg
バキュームユニット: 約85kg
電源電圧 本体:単相 200 〜230V 4.0kW
バキュームユニット: 単相200 〜230V 1.2kW (本体とは別電源とすること)
標準付属品 バキュームユニット
オプション パンチ/オートローダー/合紙取り/自動現像機(コンベア接続)
プロセサー LP-1300H / 900H
対応RIP CelebraNT RIP NT-500



CTPシステム

カラープルーファー


デジタルコンセンサス


■ デジタルコンセンサスの主な仕様
システム構成 装置本体=露光部、現像部/ブロアー
露光方式 外面ドラム方式
光源 Y/M/C用3波長マルチビーム
最大有効画像サイズ B2ワイド(828mm×555mm)
解像度 2400dpi(網点出力)
出力速度 15枚/時(B2)
フロントシステム Konica Output Device Link System(OL System) Konica HQ-RIP
使用環境 温度:23(+-2度) 湿度:40〜60%
感材 DK-110P 570mm×45m
処理剤 GCDR21W/10L用(発色現像補充液) GCDS-21/20L用(発色現像))
GBF-21W/10L用(漂白定着剤) GSTR-21W/10L用(安定剤))
重量 装置本体=720Kg ブロアー=70Kg
電源 装置本体:単相100V(30A)/200V(30A) ブロアー:三相200V(20A)



CTPシステム

ネットワークプロダクション対応インテリジェントRIP


TrueFlow


■ TrueFlow概要
システム説明 舞台はネットワークへ デジタルワークフローさらに進化Trueflowは、デジタル化、ネットワーク化と激変するプリプレス技術に対応する最先端のインテリジェントRIPシステムです。PDFやCTPなど製版・印刷ワークフローがデジタル化へと変化している今日、最適なフルデジタルワークフローとネットワークプロダクションを高次元で実現したTrueflowを、大日本スクリーンの新たなるネットワークプリントシステムWWWブラウザーによるイージーオペレーションTrueflowはNetscape NavigatorやInternetExploler といった汎用のWWWブラウザを使用するイージーオペレーション。進捗状況も同一オペレーションで管理することが可能。大容量データも高速で通信可能大日本スクリーンの高速大容量ネットワークサービス「GTRAX」と結合することで、広範囲にわたるネットワークプロダクションを実現します。ネットワーク環境の効率運用Outline PDFやRIP'ed PDFやTIFF/IT- P1など、品質が保証されたデータを配信。製版・印刷の2サイト間でのデータ活用など効率的なネットワークプロダクションが可能。